砂崎知子開軒50周年記念 箏道音楽院第5回記念 邦楽の祭典in東京

開催日時
2020年3月29日(日) 12:00開場/12:30開演
会場
国立劇場大劇場 東京都千代田区隼町4-1
概要
古典作品に限らず近代・現代箏曲の世界を長年に渡り牽引し切り開いてきた
箏道音楽院代表砂崎知子と、その門人の箏道音楽院会員らによる
バリエーションに飛んだプログラムで箏の新たな境地を切り開く。
特別ゲストとして歌舞伎役者十代目松本幸四郎丈の出演があり、
砂崎知子の編作曲による「令和越後獅子」にて
地歌筝曲とのコラボレーションが実現。
また終曲には砂崎の新作大合奏「令栄楽」が発表されるなど、
意欲に富んだプログラムになっている。


<入場料>
 A券(指定席)5,000円
 B券(自由席)4,000円 
 学生券(要学生証提示)2,000円

<特別出演>
 松本幸四郎

<特別賛助出演>
 堅田喜三久(人間国宝) 稲田康
 中能島弘子 藤井千代賀 岸辺美千賀 中能島実香
 菊原光治 沢井比河流 石垣清美
 藤原道山

<賛助出演>
 西川啓光社中 武田旺山 工藤煉山 田嶋謙一
 鎌倉三曲協会有志
 洗足学園音楽大学現代邦楽コース有志 現代邦楽研究所箏合奏研究講座研究生有志
 菊和会・竹艟社 邦楽を愛好する子ども育成会あせび教室

<出演>
 砂崎知子
 箏道音楽院(東京本部 岡山・徳島・広島・大阪・千葉各支部正会員・研究生)
 トモゴンクラブ会員

<プログラム>
  編曲 砧 (宮城道雄作曲/牧野由多可編曲)
  合奏曲 六段 (長沢勝俊作曲) 
  二つの田園詩 (長沢勝俊作曲)
  初鶯 (宮城道雄作曲)
  花時計 (砂崎知子作曲)
  子だぬきたん子の物語 (砂崎知子作曲)
  編曲 尾上の松 (高畠一郎新作編曲)
  音楽物語 かさじぞう (熊澤辰巳作曲)
  邦楽合奏曲 熊野古道 (林哲司作曲)
  松竹梅 (古典曲)
  春の海幻想 (宮城道雄作曲/牧野由多可編曲)
  五節の舞 (沢井忠夫作曲)
  夕立ち (砂崎知子新作)
  万歳 (中能島松声作曲)
  令和 越後獅子<舞踊 松本幸四郎> (砂崎知子編曲)  
  祝賀合奏曲 令栄楽 (砂崎知子新作)

※曲目・曲順は変更になる場合がございます。

<お問い合わせ>
 砂崎知子箏音楽事務所
 TEL / FAX 03-3726-7881
 mail tomogon@orion.ocn.ne.jp